エンゲージリンクに用いられるダイヤモンド4C

ダイヤモンドはジュエリーの中でも人気が高く、エンゲージリングなどにも多く用いられています。エンゲージリングは一生に一度の贈り物ですので、納得のいくものを選びたいと思うのは当然のことです。日頃からジュエリーに関心のある女性であれば、選ぶ基準なども分かっていると思いますが、男性のほとんどはダイヤモンド選びの基準が分からないのではないでしょうか。こちらでは、ダイヤモンドの品質を決める「4C」について解説いたします。

  • cut(研磨)

    いくら原石が素晴らしくても、研磨の技術が低ければ高品質なダイヤモンドとは言えません。研磨の仕方によって光の入り具合や反射具合なども違い、ダイヤモンドの輝きにも違いがあります。研磨の総合評価は「EXCELLENT(最上級品)」「VERY GOOD(理想的)」「GOOD(良好)」「FAIR(やや劣る)」「POOR(劣る)」の5段階でなされています。

  • carat(重さ)

    カラットを大きさと思い込んでいる方も少なくありませんが、実際は重さになります。1カラット=0.2gとされており、「ct」と表示されます。ほとんどの原石は1ct未満で小さいため、重くなるほどに希少価値は高くなります。

  • color(色)

    ダイヤモンド=透明と思っている方は多いと思いますが、実際にはかすかに色がついているものが多くあります。無色透明なほど評価が高くなり、黄色になればなるほど希少性が下がります。ただし、濃い黄色やピンク、青、緑といった色のダイヤモンドはファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれ、希少性が高いために値段も高くなります。

  • clarity(透明度)

    大抵のダイヤモンドには、内包物があります。クラリティのグレードは、ダイヤモンドの内包物の大きさや数、場所によって決まります。内包物は、肉眼では発見できないものもあれば、肉眼でも確認できるものもあります。「Flawless」を最高とし、11段階に分けられています。

松山でエンゲージリングの購入をお考えなら

プロポーズは渡し方やタイミングも大切ですが、どのジュエリーを贈るのかも大切です。愛媛県松山市にあるKIDNAPでは、アーカーのエンゲージリングやマリッジリングを取り扱っております。シンプルでカジュアルファッションとも合うものから、ゴージャスでフォーマルファッションに合うものまでデザイン豊富にあるので、エンゲージリングやマリッジリングをお探しの方は是非、ご利用ください。

アーカーのエンゲージリングはシンプルデザインからゴージャスまで

当店では、シンプルデザインでカジュアルにもマッチするアーカー(AHKAH)のエンゲージリングを販売しております。

CONTENTS
ジュエリーのコラム

  • 店舗のご案内・会社概要
  • インドアビュー
  • お問い合わせ